農機具は買取専門店へ!高額査定までの道のり

販売業者選びのポイント

ダンプカー

中古ダンプを購入するときは、価格や整備の面から販売業者を慎重に選ぶ必要があります。価格に関しては業者同士で比較するようにすれば、損をしてしまうリスクも防げます。整備の状態は直接業者に問い合わせたり、口コミを参考にしてみるのもいいでしょう。

詳しく見る

良い状態の物は多い

バス

新車のバスは購入するために多くの資金が必要なので負担は大きいですが、中古バスは新車ほどの資金は不要です。また、中古バスは良い状態の物が多く出回っているため、長期使用の目途が立つことから人気が出ています。

詳しく見る

買い取って売る

重機

重機の買取金額は中古でも百万円以上になることが多いため、とてもお得です。まだ使える部品があると、古いものでも買取金額が高くなります。まずは専門業者を探し、査定をしてもらいましょう。査定額に納得すれば、重機を引き取りに来てもらえます。

詳しく見る

専門業者に依頼して売却

重機

大きい農機具が不用になったときは、農機具の買取を専門としている業者に依頼すれば、買取・引き取りが可能です。放置しておくと邪魔になりますし、古くなればなるほど売却時の査定金額は下がっていくため、早めの買取がおすすめです。

詳しく見る

ダンプを安く購入する

ダンプカー

中古ダンプを購入するということであれば、きちんとサービスを比較してから決めるということが大事です。最近では、買取などを提供しているサービスも増えています。まずは、多くのサービスを調べてみることが大切です。

詳しく見る

いくらで売れるのか

重機

業者や状態による違い

農機具の買取が最近活発に行われおり、多くの農家の方が不要な農機具の処分に業者を利用しています。これは普通に農機具の販売店に引き取ってもらうよりも、高い値段が付く場合や値段がつかず処分の費用必要になることがなくなるためです。では、どの程度の価格で買取が行われているのかというと、これは選択した業者により違いがあります。また、試用期間やメーカーといった農機具の程度によっても買取金額は影響を受けます。例を挙げるとトラクターの場合は、10万円から100万円ほどが相場価格になり、コンバインについても10万円から150万円ほどです。高い値段が付く場合は、外観がきれいで年式が新しく試用期間が短いものが高く売れるようです。しかし、需要がある場合は20年以上経過しているような旧式の農機具でも、新車で購入したときの10%ほどの買取価格が付く場合があります。旧式だから買取はしてもらえないのではと考えている方もいるかもしれませんが、業者によっては積極的に取り扱っているところもあリます。これは農機具はディーゼルエンジンを使用しているため、耐久性が高く整備をすればまだまだ使用していける場合が多いためです。また、買取された農機具は海外へも輸出されているのも旧年式の農機具が売れる理由のひとつです。アワーメーターの数値がかなり高い農機具の処分を考えている方は、見積もりを受けてみるといいでしょう。農機具買取業者では無料の見積もりをしているところが大半なので、査定してもらうことをおすすめします。